ナイトアイボーテは口コミで評価の高いアイテムですが、中にはなかなか上手く使用出来ないという人もいます。

 

ナイトアイボーテの効果を十分に発揮させる為には、その使い方が肝心になります。

 

もし、上手く使えなかったり効果を感じられない場合は、使い方を見直してみましょう。

 

ナイトアイボーテはどんな効果がある?

ナイトアイボーテは、まばたきをしない就寝中に二重のクセをつけるアイテムです。

 

美容成分で瞼の浮腫を解消し、皮膚を柔軟にケアしていきながら二重を定着させる効果があります。

 

継続することで、コスメに頼らなくても理想的な二重瞼を維持する事が出来るようになるのです。

 

ナイトアイボーテの使い方

ナイトアイボーテは、メイクや汚れ、皮脂を綺麗にクレンジング・洗顔をした状態で使用します。

 

筆でナイトアイボーテを適量とったら、二重のクセをつけたい場所にムラにならない様に塗布していきましょう。

 

その後素早くプッシャーを使って優しく皮膚を押し込み、二重を作ります。

 

上手く二重を作る事が出来たら、そのまま就寝をするだけです。この時、瞼をこすったりしない様に気をつけましょう。

 

朝起床したら、洗顔をしてナイトアイボーテを落としてください。

 

普通に洗顔をしただけでは取れにくいので、お湯ではじめに素洗いをしたり、蒸しタオルやスチーマーを利用してふやかすと落としやすくなりますよ。

 

個人差はありますが、ナイトアイボーテを完全に落としても二重の線が残るようになります。

 

だから、朝にわざわざ二重を作る必要がなくなります。夜の内に二重を作るから、日中人にばれる心配もありません。

 

効果的な使い方・おススメの使い方

ナイトアイボーテの基本的な使い方は、とても簡単です。

 

ですが、出来るだけ早く二重を手に入れたい、なかなか上手く二重が定着しないという方に効果的な使い方を紹介しましょう。

まず、ナイトアイボーテは毎日同じ位置に塗布して二重を作ってください。

 

例えば昨日は幅広二重、今日は狭めの二重といった様に日々ラインを変えるのではなく毎日二重のラインを統一するのです。

 

これによってぐっと二重が定着し易くなりますよ。

 

また、人には二重になりやすいラインというものがあります。

 

これには個人差があり、どこの位置が二重になりやすいという訳ではありません。

 

でも、スムーズに自然な二重が作れた時は、その位置が自分にとってベストである事が多くなります。

 

日本人の場合は、骨格的に幅の広い二重や平行二重にはなりにくいので、幅は若干狭めにした方が二重になりやすいケースが多くなるでしょう。

 

いつまでたっても二重が上手く出来ない場合は、ラインの位置を変えてみるのもオススメです。

 

ナイトアイボーテを塗布する前にプッシャーを使ってラインを作り、しっくりくる位置を探してから二重を作ってみてください。

 

とにかく、自分にベストな位置を見つける事が二重を定着させる近道になります。

 

液の量も説明書通りにまずは使ってみましょう。

 

瞼の厚さによっては、適量よりも多めに使った方が良い場合もありますし、薄く使用した方が効果的な事もあります。

 

瞼が厚めの場合は、多めに塗った方が癖がつきやすいという口コミも目立つので試してみると良いでしょう。

 

さらにマッサージと併用する事でナイトアイボーテの効果がアップする事があります。

 

むくみや脂肪を減らすことで、二重の癖が付きやすくなるんですね。

 

ナイトアイボーテを使用する前にクリームなどを使い、力を入れずに瞼のへこみを目頭から目尻へ流す様に優しくマッサージをしてみてください。

 

ナイトアイボーテは夜専用の二重コスメですが、日中にも使う人が少なくありません。

 

確かにナイトアイボーテは、マットな使い心地なので日中に使用しても違和感がないんです。

 

ただ、洗顔後ちゃんと二重のラインが残っているようなら日中に使う必要はありません。

 

夜にさえしっかり使えば、就寝中にきちんとクセがついていきます。

 

ですが、なかなか二重にならず日中は別の製品で二重を作っているというなら、初めの内はナイトアイボーテを日中にも使用してみても良いでしょう。

 

ただ就寝中の方がナイトアイボーテの効果を発揮出来るので、毎日しっかりと睡眠時間を確保する方が効果的ですよ。

 

そして何より大切なのは、二重がしっかりと定着するまでサボらずに使い続けることです。

 

たまにしか使わない、休みながら使う、それだと無駄にナイトアイボーテを使用する事になってしまいます。

 

効果的な使い方を覚えて、毎日継続して使いましょう。

 

ナイトアイボーテの口コミはこちら>>